琵琶湖にて 〜びわこ成蹊スポーツ大学 水辺の実習編〜

f:id:ocean46:20130910104145j:plain

びわこ成蹊スポーツ大学の水辺の実習のカヤック講師の仕事が無事(途中で辞めさせられず)に終わりました。3日間を3行程、50人、50人、20人で約120人にカヤックを教えました。腕ではなく、腰で漕ぐ事を掴んだ学生達は力を入れずにすいすいと湖面を滑っていっていました。そして思わぬ早さで白鬚神社の鳥居に着いた時、学生達に「よくやったね!カッコよかったよ!」本当に嬉しそうに声をかけていた林先生の笑顔が印象的でした。セイガク(死語)さん達よ、そのスポーツで鍛えた肉体で一生外で遊び続けてほしいと思います。運動能力は1競技のためだけのものではありません。色んなことをして、身体使って遊んでハッピーな人生を送って下さい。

実習終了後、最後に若手教員達とスケボーセッション。そのうちの一人は遠泳後の競泳パンツの格好のままスケボーでころび、ケツから血を流しながらもバックサイドのターンを攻めていました。久々のスポーツバカ達との絡みは結果的に楽しかったです。そして私もスポーツバカであったことを思い出しました。皆さん、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。(その後、3名のスポーツバカ達はすぐにスケボーを手に入れたそうです。)