火打山にて

f:id:ocean46:20140419151822j:plain

黒沢岳での一本目。久々の山での1本目は斜面と雪質と自分の滑りのイメージがリンクせず少し躊躇してしまいます。しかし思いきってドロップし、ファーストターンを刻んだ瞬間、全てがぶっ飛び、山と自分が一体化していきます。ボトムから自分が滑ったトラックを見上げるみんなの口は何故か半開きです。

広告を非表示にする