奥琵琶湖の食卓(ハス)

f:id:ocean46:20140623192944j:plain
近所のカヤック仲間、自転車屋さんの小多さんにハスを頂いた。ハスは、元々、琵琶湖や淀川水系固有の魚だ。今の時期、川に産卵にくるので小川の河口で投網を投げれば、比較的簡単に穫る事が出来る。フィッシュイーターなのでルアーでも釣れる。川魚特有の鱗と皮の間のぬめりけや臭みもなく、鱗も細かく取る必要もないので、調理が楽。小骨も少なめ、味は白身でおいしい。塩焼き、唐揚げ、天ぷらでもいけるし、甘辛く炊いてもいい。大きさも20cm〜30cmくらいあるのでしっかり食べられる。今回は、時間がなかったので腹も割らずにそのままダッチオーブンで唐揚げに。皮はぱりっとして、白身がホクホク。エビに加え、夏の奥琵琶湖のタンパク源だ。