蔵改装日記

f:id:ocean46:20140716143910j:plain
奄美から帰ってくると、蔵の床張りが完了していました。木と土の何とも言えないシンプルな空間が広がり、何も置きたくない感じです。20cmの土壁が外気を遮断し、夏でも洞窟のようなひんやり感があります。やっぱり和はシンプルがカッコいいです。さあ、この空間をどう使おうかな。電気は辞めて、灯りは菜種油か和蠟燭かな。(special thanks! / 仁井田工務店)

広告を非表示にする