読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若狭、新緑の蘇洞門

f:id:ocean46:20150428114622j:plain
雪山から降りて来て、そのまま次の日、若狭へ漕ぎ出た。この時期、若狭は照葉樹の新緑がブロッコリーのようにモコモコと湧き出て、生命力を爆発させている。火打山を覆っていた高気圧は山を降りてもまだ居座ってくれていたので、天候が安定していないとなかなかまわれない蘇洞門を漕ぐことにした。小さな入り江に入ると滝があり、真水を多く含んだ海水はエメレルドグリーンになっていた。漕いでいて暑いくらいだったが、山からの清水でその周辺だけが、気温も水温も少し下げられていた。ひやっとした空気が凛とした感じで、どこか神秘的な雰囲気が漂っている。冬の厳しい日本海に洗われた後の春の若狭のコースタルラインは人の気配がなく、清々しく気持ちがいい。春は山もいいが海もいい。もっとスキーもしたいし、カヤックも漕ぎたい。44歳、苦悩の春。

Copyright © 2015 Granstream All Rights Reserved.