水彩画とハッパ

f:id:ocean46:20150910190012j:plain伊東孝志画伯が先日、隠岐の旅の前にマキノにやってきました。孝志兄はうちの子供達の絵の師匠。今回、水彩画の道具をプレゼントしてくれました。「水彩画はハッパをいっぱい描くとといい練習になるよ。」と師匠に言われた通りにせっせと次男ははっぱを描いております。孝志兄もヘロンライダー。特注の白いデッキは、彼にとってのキャンバスなんです。自然の絵を描くということは、ゆっくりじっくり自然を視るということ。俺は絵は描かないけど、絵描きの自然を視る眼を持ちたいものです。

f:id:ocean46:20151003102357j:plain

f:id:ocean46:20151003102409j:plain

f:id:ocean46:20150916061630j:plain

 

広告を非表示にする