ダグ シンプソンからフェザークラフト再開のメッセージ

f:id:ocean46:20150617044601j:plain
写真:2015年6月のフェザークラフトファクトリーにて。ダグとソーイングセクションの責任者、タイ。(2016年と掲載していましたが、2015年の間違いです。)

以下、ダグからのメッセージ

日本の皆様へ

昨年は、弊社の突然の生産休止に伴いまして、皆様にたくさんのご迷惑とご心配をおかけ しましたが、このたび新体制にて無事にカヤックの生産を再開致しました。

現在、カレント ウィスパー ウィスパーXP カフナ ビッグカフナ • K1 • ヘロンの生産を 行っております。カサラノにつきましては注文を承ることが出来ますが、他のカヤックに 比べて生産時間が若干長くかかってしまいますのでご了承下さい。

 

昨冬、弊社は生産スペースの縮小、人員削減など大きな変化を余儀なくされました。たく さんの海外投資家がバンクーバーの土地を購入し始めたため不動産価格が急激に高騰し、

それに伴い物価や生産コストが上がり、既存の状況を維持することが難しくなってしまっ たのが原因です。

また、生地につきましても変更がありました。 弊社は長い間デッキとハル用の厚い生地とそれ以外の薄い生地を、それぞれ別のサプライ ヤーから購入していましたが、昨年厚い生地を取り扱っていたサプライヤーが大きな企業 に買収され、取引形態が変わり最低注文量が大幅に上がってしまいました。その結果、デ ッキ&ハルの生地を購入し続けることが困難になり、新しい生地とサプライヤーを探さな ければならなくなりました。 現在はもう一つのサプライヤーを通して今までと同等の品質の生地を適度な量づつ購入出

来ることになり、弊社はこの変更をとても前向きなものと考えております。

弊社の生産中止の期間、皆様からたくさんのサポートと励ましの言葉を頂きました事を、 心よりお礼申し上げます。 これからも此処バンクーバーで、今までと変わらぬ最高のカヤックを作り続けていきます ので、今後ともフェザークラフトをよろしくお願い申し上げます。

ダグ シンプソン