読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奄美カヤック旅のご案内

f:id:ocean46:20140703200619j:plain
奄美カヤック旅にご参加の皆様

本州は梅雨でございます。皆さま、いかがおすごしでしょうか。

いつもながらギリギリの最終案内であることをお許し下さい。

今回は日本の現状を無視したスケジューリングの企画にもかかわらず、

3名の参加者にお集り頂きました。

そしてゲスト参加は、

東孝志兄、奄美ローカル熊ちゃん

そして私と計6名となりました。

奄美ツアー史上初の少人数となり、私も少しワクワクしております。

今回の旅のテーマは、「into the wild & the ocean」

少人数で、よりdeepに奄美の自然、海にどっぷりと入っていきたいと

思います。

先を急ぐ旅ではなく、どれだけ自然に近づき、馴染めるかがテーマです。

こういうテーマで海に向き合える場所の日本にそう多くはありません。

無人島を多く有する加計呂間周辺の海域ならではです。


原人キャンプ気味に、道具はよりシンプルに、火とタープを使いこなし、

海から食料を得て、簡素優雅にカヤックで海を巡りたいと思います。


釣り道具、潜り道具もなるべくご用意下さい。

 

カヤックの送り先

クロネコの瀬戸内センターでお願いします。

7月8日(金)必着でお願いします。こちらで先にピックアップしますので。

送り状のコピーをデータでこちらまで送って下さい。

営業所名

瀬戸内センター

センターコード

097440

住所

〒894-1508

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋沢津又原1134

http://www.e-map.ne.jp/p/yamato01/shop_dtl.htm?p_f1=1&kid=097440

 

食事は、基本各自ですが、米と汁物はみんなで共有してもいいかなと思います。

一緒に焚きたい人は、米は7日分×2合 で14合くらい持って来て下さい。

14合で約2kgです。基本、夜と朝に毎回米を炊きます。

水は、10Lほど各自でカヤックに積み込めるようにしてください。

 

ヒルバーグの大きなタープ、スコップ、ヤカン、米と汁用の大きめの鍋、焚き火用

装備は、共同装備としてこちらで用意します。

なにか追加でご質問がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
では準備宜しくお願いいたします。


大瀬

f:id:ocean46:20140702095558j:plain