Fringe Kayak Trip

カヤックの旅の専門店、Granstream店主、大瀬志郎のBlog

2018年マキノ東小、自然教室

f:id:ocean46:20180524083216j:plain

マキノ東小学校、自然教室。学校、父兄、地域、三位一体で行われる祭りのような授業が今年も無事に終わった。2000年に元前川校長が地元の小多さんと共謀して「故郷とは何かと考える」ために地域と協力して始められた。「この授業があるから、海津に移り住みたい、と思ってもらえたら嬉しい」とおっしゃっていたのにまんまとはまって私たちも移住してしまった。この授業も今年で18回目。18回も続けるとそれは伝統と呼ばれる。伝統と呼ばれると少々の危険、困難も顧みず、みんなで協力し、運営されるようになることをこの授業に関わらせてもらって教えてもらった。現代の子どもたちとはいえ、海津のDNAを受け継ぐ子どもたち。一度、櫂(パドル)を握って琵琶湖の上に出ると水を得た魚のように生き生きと漕ぎ始める。40km近い距離を二日間で漕ぎ、海津に戻ってきた時、琵琶湖から見た海津の風景は子どもたちの目にはどう映るのだろうか。また遠く彼方の琵琶湖から漕ぎ戻ってくる5、6年生の姿は出迎える1年生から4年生の目にはどう映るのだろう。最後に出迎えてくれた1年生から4年生の子ども達がまた漕ぎ続けられるよう続けられる限りサポートを続けていきたい。こどもたち、学校、親御さん、サポートのみなさん、楽しかったですね。お疲れ様でした。また来年!

f:id:ocean46:20180524083222j:plain

f:id:ocean46:20180524130649j:plain

f:id:ocean46:20180524133532j:plain

f:id:ocean46:20180524150456j:plain

f:id:ocean46:20180525073420j:plain

f:id:ocean46:20180525073500j:plain

f:id:ocean46:20180525082540j:plain

f:id:ocean46:20180525092306j:plain

f:id:ocean46:20180525151643j:plain

f:id:ocean46:20180525071016j:plain

f:id:ocean46:20180526202621j:plain

 



今後のフェザークラフトのメンテナンス対応について(カナダ訪問編)


(22才の時から、25年来通ったバンクーバー、グランビルアイランドのフェザークラフトファクトリーにダニエルと訪れた。中はがらんどう。なんともいえない気持ちになった。)

昨年の12月ですが、エイアンドエフ社のサポートのもと、カナダのBC州を訪れました。目的は昨年、バンクーバーのフェザークラフトファクトリーを閉鎖した後のダグを訪ね、今後のフェザークラフト社の対応について確認するためでした。もちろんビジネス的にはそうなのですが、フェザークラフトを閉めた後のダグが元気にしているのかどうか、どうしているのかどうか、とにかく会って確認してみたい。そして、今後の自分の今後の方向性を考えるきっかけにしようと思い、カナダへ渡りました。


ダグは慣れ親しんだバンクーバーを離れ、バンクーバーアイランドのビクトリア郊外へ移り住んでいました。カヤックを作ることはなくなっても、ダグはやはりパドラーでした。バンクーバー島に6日間の滞在でしたが、うち4日一緒に漕ぎました。70歳ですが、まだまだ現役です。バンクーバーより自然に近いバンクーバー島に移り住むことが出来、楽しそうでした。とにかく会って、ダグとテレサが元気なことが確認でき、またお互いのパートナーシップが確認できてほっとしました。

続きを読む

今後のフェザークラフトのメンテナンス対応について

f:id:ocean46:20171209131409j:plain


granstream.jp

等身大であるということ

f:id:ocean46:20180505061409j:plain
カヤックで海に出る時、ビビっていてはいつまでも海に出れない、しかし自分を過信すれば痛い目に会う。海へ出ては陸にあがり、また海へ、それを25年繰り返してきた。それは自分のライフスタイルやビジネスにも影響し反映する。今まで自分を過小評価したり、大きく見せようとしたり、なかなか等身大の自分になることは難しく出来なかった。なんとなくだが、この年になり、やっと等身大の自分が見えてきた気がする。ありのままの自分を自分で受け入れ、自分でいられるということは結構、楽でいられる。努力はするが無理はしない。もしかしたら、ここから先はあまり大きく成長しないかもしれない、一気に世界も広がらないかもしれない、それでも自分は等身大でいようと思う。カヤックは自分で漕いだ分しか前に進まない。漕いでいても風や潮に流される。自然の影響を大きく受け、等身大の自分の距離しか前に進むことしか出来ない。カヤックの旅のようにその分だけ進んでいこう、その分だけ世界を広げていこう、そうやって生きていこうとふと思えたのだった。この先も等身大でいられるように漕ぎ続けるしかない。

隠岐、島前(どうぜん)の旅 その4(終)

f:id:ocean46:20180505124210j:plain
知夫里島、河合のお地蔵さん。湧き水を頂ける。

今回は海へ出れなかった分、いつもより陸を船、バス、タクシー、歩きを駆使して、島前を巡りました。カヤックを漕ぐために本州に戻り、車をベースに風裏を探して漕ぐことも考えましたが、GWにこんなに人がいない快適な島にいるのに、わざわざカヤック漕ぐために人の混み合うメインランドに戻ることもないだろうということに落ち着き、島に留まりました。カヤックを漕ぐ旅のリズムで島の内側を巡れたのは、自転車や徒歩も含め、新しい旅の形を考えるきっかけになりました。

カヤックの旅、それは海の旅であり、社会システムの外と社会の縁を行ったり来たりする旅。時には無人島のビーチでワイルドなキャンプ、時には集落脇のビーチでひっそりと夜を過ごし、ローカルの方々から地元や海の話を聞き、時には地元の食材に舌鼓を打つ。カヤックをベースに陸も含めたそういうFringe(縁) Kayak Tripを今後も提案し続けて行こうと隠岐の神様にお伝えしてきたのでした。

ともあれ、このイレギュラーな旅を積極的に楽しんでくれた参加者に感謝。Granstreamのツアーは海でも陸でも何も予定の決まっていない風まかせ、潮まかせのツアー。参加者一人一人で作り上げて頂くものだと思っています。同じ場所でツアーしても、季節、天候、メンバーでまったく違うツアーになります。全員顔見知りの場合も、全員が初対面(私と意外)の場合もあります。自立した旅人である皆さんにご協力を仰ぎながらも、少し社会システムから外れ、自然の中を彷徨って頂きたいと思います。隠岐の自然、隠岐の皆さま、ありがとうございました。また近いうちにお邪魔させて頂きたいと思います。

続きを読む

隠岐、島前(どうぜん)の旅 その3

f:id:ocean46:20180505104923j:plain
普段カヤックを足にして、島を自由に行き来している我々であったが今回ばかりはガソリンを動力とした連絡船に頼り、島間を移動することとなった。こちらは島内の連絡船「いそかぜ」。600円の周遊券で1日乗り放題。いそかぜに乗り込んで、西ノ島の焼火(たくひ)神社のある焼火山を訪れた。焼火山(452m)は西ノ島の最高峰。島根半島から隠岐へ渡る時も焼火山がランドマークとなる。隠岐の島前(どうぜん)はこの焼火山を中心としたカルデラ地形。周りの島々はこの焼火山の外輪山となる。

そして焼火山の中腹にある焼火神社は日本海の船人の海上安全の神。その昔、灯台が出来る前、寺社において神仏に捧げられた灯明が夜間航海の目標とされたようだ。海の旅人である我々にとっては最も重要な神様。しっかり拝む。神社も含め、山全体がいい場所だった。

続きを読む

隠岐、島前(どうぜん)の旅 その2

f:id:ocean46:20180504091631j:plain
当初より、荒れたらグルメツアーですね、とは言っていたのですが、その予測通り、暇を持て余した大人たちの向かう先はやはりまずは食でした。まずはカラフルなヒオウギガイ。味はホタテですね。旨し!

続きを読む