読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焚き火繭 / Bonfire−Cocoon(ボンファイヤーコクーン)

f:id:ocean46:20170117174751j:plain
焚き火繭、最後の調整でナンガ社を訪れました。いいものにするために調整を繰り返しております。納期が遅れ、大変ご迷惑をおかけいたしますが、1月中にはお届けします。今しばらくお待ち下さい。

oseshiro.hatenablog.jp

冬の日本海合宿 Vol.1

f:id:ocean46:20170115223911j:plain
日本列島を大寒波が襲う中、恒例の日本海合宿を行ってきました。気温マイナス、水温10度、風速10m以上、気を抜くと風でパドルを持っていかれ、横殴りの雪で目が痛くて開けていられない状況の海に身を置くことは、今年1年、無事に漕ぐぞという自分への戒めにもなりました。今回はほとんど漕げませんでしたが、二日間、真剣にこの海に向き合えたと思います。ご参加の皆さん、お疲れ様でした。

f:id:ocean46:20170115114459j:plain

granstream.jp

1月27日、東京、パドルクエストにてお話し会やらせて頂きます。

f:id:ocean46:20111011120835j:plain
(写真 山田まこと)

久々に江戸に上京するのでパドルクエストの堀川君にお願いしてセッティングしてもらいました。いい加減な感じでやらせてもらおうと思ったのですが、堀川君が真面目に案内を作ってしまい(くれ)ました。たいした話は出来ないかもしれませんが、カヤックの旅の話で皆さんと盛り上がれればいいかなと思っております。カヤックの海旅の仕方もお伝えします。お待ちしておりまーす。

以下、パドルクエスト ウェブサイトより抜粋


Granstream 大瀬氏主宰 “フォールディングカヤック旅人の集い” 参加者募集!

ご挨拶が遅くなりましたが、本年もパドルクエストを宜しくお願いいたします。

早速ですが、本日は1月27日(金)に開催する店舗イベントのご案内です

滋賀県琵琶湖を拠点にするフォールディングカヤックでの海旅のエキスパートであるGranstream代表の大瀬氏によるイベントとなります

大瀬氏は、個人的にも古くからの友人であり、カナダ製のフォールディングカヤックを使用し数多くの国内外の遠征を行っております。

今回は、「フォールディングカヤック旅人の集い」と題して、フォールディングカヤックを使用したツーリングの魅力や長期に渡る旅の方法など、パッキング可能なメリットを駆使してカヤックを楽しむ方法をお話しいただきます 

また2015年にご子息と共に旅したをカナダのハイダ グアイのお話しも交えて、親子で楽しむカヤックの方法などもお聞きできればと思っております

直前となる22日(日)に開催予定のイベント「アリューシャン遠征2016 スライドショー」に続き、フォールディングカヤックのイベントとなりますが

是非、お誘い合わせの上、お申し込みください

●スピーカープロフィール

大瀬志郎(おおせしろう)

1971年、京都生まれ琵琶湖育ち。野田知佑氏の著作「日本の川を旅する」に衝撃を受け、フォールディングカヤックの旅の世界に足を踏み入れることを決意。

その後 カナダ製フォールディングカヤック「feathercraft(フェザークラフト)」創始者 ダグラス-シンプソンに師事、そして沖縄カヤックセンターの仲村忠明からも教えを受け、カヤックで海を渡る術を身につける。

日本各地をカヤック担いで放浪し、2007年からは、二年に一度、ダグや仲間達とセーリングカヤックで九州から台湾まで渡る旅を行っている。

2008年から森と湖に囲まれた奥琵琶湖マキノ海津に拠点を構え、より自然に近い生活を満喫している。

facebookhttps://www.facebook.com/shiro.ose.1

開催日:2017年1月27日(金)

時間:18:30~20:00予定(90分)

場所:パドルクエスト

住所:〒130-0002 東京都墨田区業平4-6-11

TEL:03-6456-1712

定員:20人

料金:無料

お申し込み方法:

下記の問い合わせフォームから件名に、「 フォールディングカヤック旅人の集い」と記載してお申し込みください。

パドルクエスト問い合わせフォーム

http://paddle-quest.com/?page_id=10

※お申し込みには、お名前と電話番号が必要になります

都心唯一のカヌー、カヤック、SUP専門店 パドルクエスト

〒130-0002 東京都墨田区業平4-6-11

TEL:03-6456-1712

http://paddle-quest.com/

フィールドライフ 冬号 No.54「Paddling HOBO」フェザークラフトのこと

f:id:ocean46:20161217122726j:plain
Granstream前にて、ジュンさんと。山田まこと撮影。
f:id:ocean46:20170110101851j:plain

フィールドライフ冬号でジュンさんがフェザークラフトのことを書いてくれました。写真は山田まことです。まあジュンさん、漕ぎ続けますか。

granstream.jp

焚き火繭、生産開始&仕様変更のご案内

f:id:ocean46:20170105175832j:plain
お待ち頂いております焚き火繭ですが、いよいよ生産開始いたします。首まわりのドローコードの入ったパイピングを黒から難燃素材の本体と同色に変更させて頂きました。また収納バックも同じく難燃素材の本体と同色に変更させて頂いております。では今しばらくお待ちください。

f:id:ocean46:20170105185113j:plain
先行予約分、別注のジッパータブも入荷しました。

f:id:ocean46:20170105190119j:plain

こちらが標準装備のジッパータブです。

oseshiro.hatenablog.jp

Granstream will survive 2017 「カヤックの旅の店 グランストリーム」

f:id:ocean46:20160717152333j:plain
(撮影 山田まこと)
皆さま、明けましておめでとうございます。2017年3月までにフェザークラフト社は40年の創業に幕を閉じることになりました。それに伴い15年間、フェザークラフト専門店として、看板をあげさせて頂いていたグランストリームも新たなスタートをきる必要があります。フェザークラフトだけで食っていけるのかと誰もに(ダグにさえ)心配された15年前。徐々に関西にフェザークラフト(カヤックの海の旅)文化を根付かせて、自分も奥琵琶湖に根を張り、カヤックで飯を食わせて頂いているカヤックのプロと自称出来るまでに成長させて頂きました。これも関係した皆さん方ににお世話になり支えて頂いた結果だと思っております。これからグランストリームが漕ぎ切らねばならない海は決して、穏やかな海ではないかもしれませんが、時には向かい風をパワーで押し切り、時は荒れているからこその追い波をうまくコントロールして乗りこなし、時には風を味方につけ、時には自然に逆らわず、さっさとトンヅラこいて陸にあがってピンチをやり過ごすカヤックの旅そのもののような感じで乗り切っていこうと思っております。2017年以降、グランストリームはフェザークラフト専門店グランストリームあらため、「カヤックの旅の店 グランストリーム」として皆様にカヤックを使った水上の旅の世界を提案し続けたいと思います。

今後のグランストリームの業務としては、

□フェザークラフトカヤックのメンテナンス業
〜販売した責任があるので、一生やります。フェザークラフトのことなら何でもどうぞ。

フェザークラフトユーザーを対象としたスクール、ツアーの運営
〜琵琶湖でのトレーニングを中心に現存するフェザークラフトカヤックで、日本、海外を問わず、さらに旅の可能性を広げます。

□フェザークラフトカヤック中古艇の販売
〜たんすで眠らせているフェザークラフトカヤックがあれば、ご一報ください。次の旅人に引き継ぎます。

カヤック講習、ソフト業務
カヤックを使いこなし旅をしたい方への講習を琵琶湖で行います。カヤックをお持ちの方(メーカーを問わず)、お持ちでない方、初心者、経験者を問わず、カヤックの漕ぎ方のみならず20年培った海の旅のノウハウをお伝えいたします。

□オリジナル商品の開発、テスト、プロモーション業務
〜オリジナルパドルの開発、販売、高階救命器具社とドライスーツ等のパドリングウェアのテスト、商品開発の契約、ナンガ社とのオリジナル寝袋共同開発、その他、企業様、ご希望あれば、ご契約受付中です。

□教育関係カヤック講師
若狭湾青少年自然の家、びわこ成蹊スポーツ大学、その他、小学校にてカヤックの講師をさせて頂いております。私でいいのかわるいのかわかりませんが、こどもたちに自然パワーを注入しに参ります。

□その他、外で遊ぶ面白いことのご提案
〜雪遊び、山遊び、水遊び、地元、高島市で出来る大瀬が好きな旬の外遊びをたまにご提案します。

近日中にGranstreamウェブサイトをリニューアルします。今後とも「カヤックの旅の店 グランストリーム」ご愛顧のほど、宜しくお願いいたします。

グランストリーム 代表 大瀬志郎

granstream.jp

 

アジサシサバニウィング / セーリングカヤックの方向性

f:id:ocean46:20161225135329j:plain

K2に帆を立てて、瀬戸内海を漂ってきました。2007年から始めたカヤックセーリング。九州〜屋久島(途中各島々停泊)、奄美大島沖縄本島(途中各島々停泊)、沖縄本島西表島(途中各島々停泊)、野間岬〜甑島沖縄本島〜慶良間〜渡名喜〜粟国〜沖縄本島沖縄本島、琵琶湖、若狭湾、瀬戸内海は数知れず、今日までチャレンジを繰り返してきました。始めの段階では、風を使っていかに速く進むかばかりを考えていましたが、帆の大きさにセーリングのシステムが耐えきれず、破損し、数多くのトラブルに出くわしました。帆をはってもカヤックはやはりカヤック、風の力だけで漕ぐくらいのスピードが出れば十分、風が弱ければ漕ぎ足せばいい、セーリングカヤックの動力は帆(風)と漕ぎのハイブリッドという結論にいたりました。猛禽類の羽のように大きかった帆は徐々に小さくなり、ついに今回のアジサシの羽タイプの帆の形に変わっていきました。冬の重くそして島々を抜けてくる風速8mくらいの乱流の風でもバタつかず、マストにも負担がかかっていない。カヤックのスピードは時速4ノットをキープ。ついにカヤックにとって理想の帆に巡り会えました。アジサシは奄美の民謡でも唄われる航海の安全を象徴する鳥。この帆とカヤックでどんな海でも渡っていける気がしています。仲村さん、本当にいい帆をありがとうございます。カヤックといい、帆といい、パドル(エイク)といい魂の入ったいい道具で遊べるというのは本当に幸せなことです。さあ2017年も漕ぎまくるぞ〜。(アジサシサバニウィング/仲村忠明作)

f:id:ocean46:20161225133457j:plainf:id:ocean46:20161225142640j:plain

granstream.jp

Granstreamのお知らせ

f:id:ocean46:20161219155509j:plain

⒈12月22日〜27日は瀬戸内出張のため、留守にしております。その間のEメールのご返信も遅れる場合があります。ご了承ください。

⒉毎年恒例の忘年会は、会場の都合のため、今年は中止とさせて頂きます。

⒊ご注文頂きました焚き火繭の納期は1月中旬から後半を予定しております。今しばらくお待ち下さい。

では今年もあとわずかとなりました。色々ありましたが、皆様のおかげでなんとかいいお正月が迎えられそうです。来年も「カヤックの旅の店」グランストリームを宜しくお願い致します。では、よいお年を!

ダグの声明、Feathercraft社HPより抜粋(日本語訳)

「フェザークラフト社は、2016年12月をもって、折りたたみカヤックおよびそのアクセサリーの生産を恒久的に停止いたしました。その理由としては、現在の経済情勢がひっ迫した状況であること、人々のライフスタイルの変化、飛行機でのチェックインすることのできる荷物のルールが改正されたり、その費用が増加していること等があげられます。そのことにより、品質の高いカヤックを生産し続けることが、収益面で非常に厳しくなってしまったのです。長年にわたり、お客様から得ていた製品のフィードバックや、アドベンチャーストーリーを聞けなくなることはとても寂しいことです。私は、個人的に、そういったお客様達や多くのサプライヤーの方々、そして一生懸命がんばって美しいカヤックを作る手伝いをしてくれた同僚達を恋しく思います。この40年間、多くのサポートを本当にありがとうございました。 敬具、 ダグ・シンプソン 創設者、および主要株主(主要オーナー)」

Feathercraft Has Closed Permanently

December 2016
Feathercraft has now permanently stopped making folding kayaks and accessories. Due to a number of factors, including poor economic conditions, changing lifestyles, flight baggage restrictions and increasing costs, we have found that making our premium kayaks is no longer financially viable. We will miss the incredible feedback and adventure stories that we have received over the years. I personally will miss these customers, our many suppliers, and also my dedicated colleagues who have helped make our beautiful boats. Thank you
all for your tremendous support over these past 40 years.


Sincerely Yours,
Doug Simpson
Founder and Principal Owner

25年ほど前、20歳そこそこで初めてバンクーバーに行った時、ダグの生き方"way of life"に衝撃を受け、憧れて、カヤックをこぎ続けてここまで来た。今度は次世代に俺の生き方"way of life"を見せることが出来るのかを問われてくるだろう。何が出来るか分からないが、まずは漕ぎ続けよう。フェザークラフトは物理的に終了しても、ダグに伝えられた精神が消え失せることはない。相棒のヘロンもある。自分自身のピークを目指して、まずは10年漕ぎ続けるとしよう。人生のニュートラルポジションは完全に決まった。後は荒波に漕ぎだすだけだ。ダグ、テレサ、本当に本当にお疲れ様でした。今までありがとう。そしてこれからも宜しくお願いします。 大瀬志郎
granstream.jp

 

雪の奥琵琶湖キャンプ2daysのご案内

f:id:ocean46:20110129154643j:plain

photo by Ken Ishida

雪の奥琵琶湖ツーリングです。カヤックでワイルドエリアを散策します。人間たちの手から渡り鳥たちの手に戻った雪景色の琵琶湖を満喫しましょう。運がよければ、カムチャツカから飛来した大鷲にも出会えます。

f:id:ocean46:20110130085643j:plain

日程:2月4日~5日(土日)
参加費:21,600円(税込み)

持ち物:フェザークラフトカヤック、その他用具1式、冬季用ウェア一式、冬季用キャンプ用品、食事4食分

集合場所:Granstream

集合、解散:11時漕ぎ出し、夕方解散

送迎:あり(JR湖西線マキノ駅

カヤックの荷受け:あり

備考:マイカーアクセスの場合は、スノータイヤを装備が必要となります。

granstream.jp