奄美きました〜。

f:id:ocean46:20170629132812j:plain
北部から今回参加できなかった熊崎浩と息子のカイが遊びにきてくれました。最高の場所での刺激しあえる友との再会はいいもんです。梅雨明けの安定した海、心地よい南風が吹いてます。いよいよ明日からツアースタートです。

熊崎浩Website

www.sssglass.com

広告を非表示にする

目指せ、琵琶湖自給自足生活!

f:id:ocean46:20170625153304j:plain
旅から帰ると次男から父ちゃん不足感が漂っていたので、次男が釣ってきたブラックバスを庭で一緒にさばくのを手伝ってやった。アラは庭のイワナの餌とテナガエビ捕獲のための餌となる。このあたりのブラックバスは水も綺麗なので臭みはまったくない。エビや鮎などいいものを食っている。しかし皮のヌメリをしっかり取ることが重要ポイント。ナイフでこそぎ落とし、塩で揉む。三枚におろし、唐揚げにするとうまい。しっかりあげれば骨も食えるし、うまい。でかければムニエルにする。夜は網でテナガエビとって、乾煎りにする。これまたうまい。次男よ、目指せ、琵琶湖自給自足生活!

f:id:ocean46:20170625155513j:plain

f:id:ocean46:20170625155432j:plain

f:id:ocean46:20170625161717j:plain

f:id:ocean46:20170625191317j:plain

f:id:ocean46:20170625203440j:plain

f:id:ocean46:20170625204822j:plain

 

引き続き、Blog継続決定!

f:id:ocean46:20120527131637j:plain

ブログはやめようかと思いましたが、FBアカウントをお持ちにならない熱狂的な隠れブログファンの要望を受け、継続することになりました。せっかくなんで、カヤック以外のネタも含め、あんまり真面目でない感じでやりたいと思います。宜しくお願いします。

Granstream New Website!

f:id:ocean46:20111012094035j:plain
ついにGranstream New Website リニューアルしました。シンプルに力強いメッセージを盛り込みました。次の10年はこれでいきます。当Blogのこの投稿を最後に今後はNew ウェブサイトのHOME画面、メイン画像下の「新着情報/NEWS」コーナーに情報をアップしていきます。このBlogはキープしますが、この投稿が最後の投稿となります。今までお付き合い頂きありがとうございました。今後とも新しいGranstreamを宜しくお願いします!

写真 山田まこと  ダグと沖縄の海にて

広告を非表示にする

伊東孝志画【サバニてぬぐい】

f:id:ocean46:20170516154329j:plain

東孝志兄が魂のサバニてぬぐいを作ってくれました。在庫を持ち歩いているので、興味のある方はお声掛けください。しばらくは手ぬぐいの行商をします。オンラインでご注文の方はヤドカリハウスまで。

「ヤドカリハウス オンラインストアより」
このてぬぐいは、注染(ちゅうせん)という両面染めで、職人の手作業による、昔ながらの技法で染め上げています。手染めのため、洗濯の際には多少色落ちがあります。
【サバニ】
琉球古来から漁業や島々間の物資輸送船として使用されてきた帆走手漕ぎ木造船。宮崎の日南市山間部から産出される飫肥(オビ)杉は油分が多く含まれているため海水に強く、またサバニ制作過程で舷側板部分の強度と船形を型づける「曲げ」にも強いことから、江戸時代の古くから琉球奄美でもサバニや船材として使用されている。 現代でも沖縄のサバニ船大工たちは先人たちの育んだ造船技術を受け継ぎ、鉄釘や木工用ボルトの金属を使わず、竹釘とフンドウで板と板を繋ぎあわせ、海水の塩分に腐食しない頑丈な木造船「サバニ」を制作している。
●画:伊東孝
●価格:1728円(税込)
●色:左から、薄灰色、黄色、青
●Size:約36×90cm  ●素材:綿100% 特岡 ●生産国:日本製
「サバニ 風と波」伊東孝志ブログ 道草楽描より http://michikusa-rakugaki.blogspot.jp/2017/05/blog-post.html

yadokari-house.com