無人島タープキャンプスタイル

f:id:ocean46:20150315100248j:plain

先月の伊東孝志兄との沖縄島渡りセーリングトリップのキャンプシーンです。右側の岩で風を避け、さらにタープは低く張っています。前室にコットンの焚き火用タープが張ってあるので、かなりの雨風の中でも火がおこせます。二人でヒルバーグ タープ20XPを使用し、テントを張らずタープの下で寝ていましたが、雨が降っても問題無しです。24時間、風と戯れる旅のスタイルです。ヒルバーグ タープ20XPは当店でも取り扱っております。